43 2016.4月号エコヨムより

2017年06月29日

私、人混みがニガテなんです。

したがって、行列ができる店もダメです。

当然、お祭りもアカンです。

GWの一大イベント、フラワーフェスティバルも1度行きましたが、

「二度と行くまい」と心に固く誓いました。

ましてや、ディズニーランドとか、想像しただけでゾッとします。

 ※高校の修学旅行で行った時は、それなりに楽しめましたが、きっと

 若かったせいでしょう。

どこか、出かけるとなると必ず田舎に向かっていきます。

とくに、城跡とか神社仏閣など文化財系を見に行く傾向があります。

立札に書かれている、由来や伝承を読み、遠い過去の歴史に思いを馳せたりします。

TV番組も、人気レジャースポットとか、おしゃれグルメレストランとか、巨大テーマパーク特集とか、

絶対観ません。観なくても、流れてるだけで疲れます。

だから、ソッコーでチャンネル変えます。

そして「人生の楽園」とか「家族に乾杯」「田舎に泊まろう」などを観ます。

散歩に出かけて、風の匂いにふと、「あの時とおんなじ匂いだ」とつぶやき、

風にゆれる木々に目を細め、懐かしい思い出に浸ったりします。

河原を元気に走り回る犬と、その上を自由に飛び交う鳥たちをみて「あぁ、なんてすがすがしいんだ。

人は自然と一体でいてこそ幸せなんだ」と感じたりします。

「って、アンタ、すっかりお爺さんじゃん!!」

思わず、自分にツッコミを入れてしまいました。

まだまだ若いと思ってましたが、とうとう自覚しました。

確実に歳をとっているんだなと。

無意識に、人の多いところを避け、あれこれ理由をつけて、自分に言い訳をしていたような気がします。

人混みや、行列はパワーのルツボ、摩擦の集合体。

そこへ行くには、当然自分も相応のパワーがなければいけない。

知らぬ間に、ヤワになっていました。

けれども、ホントのおじいちゃんになる前に、それに気付くことができました。

「摩擦を怖れては、成長はない」が、僕のモットーです。

がんばって、繰り出してみます。

いざ、人混みへ、行列へ、渋滞へ、人々のパワーのルツボへ!

 

                                                        

                                  代表取締役社長  岡本 英之 (2016.4月号エコヨムより)