2012.2月号エコヨムより

2017年06月12日

「会社を存続し続けること」

いつの頃からか、ずっとそのことばかり考えていました。

「これを買ったところ、もう連絡がつかんのよ」とか

「これつけた会社が無くなってからねぇ」というお客様によく会います。

みなさん、どうしていいかわかんないって困った顔されてます。

信用して購入したのに裏切られたっていう悲しい顔されてます。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、実は以前ぼくが勤めていた会社も

倒産して無くなりました。

その会社は、アフターメンテナンスや他社への引継ぎなどの手続きを一切せず、

取引業者はもちろんのこと、お客様までも放り出しました。

僕は急いで、自分がご契約いただいたお客様に、僕がエコらすという会社を

設立したこと、アフターメンテナンスはエコらすが引き継ぐという旨の周知を

させていただきました。

これは、販売責任とかどうとかじゃなく、人として当たり前のことです。

だけど、なかなか難しいものですね。

僕は、運よく起業できたからよかったものの、そうじゃない人は他の仕事を

しながらアフターメンテナンスって厳しい。

おそらく無理なんですよね。

だからこそ、僕はせっかくご縁をいただいたお客様にご迷惑をかけるようなことがあってはならない。

ましてや信用していただいた会社を無くしてしまうようなことは決して許されない。

そう思って、常に「会社を存続し続けること」こそが僕の使命だと考えてきました。

けれども、ふと思い返してみると、会社を設立した当初は「出会った人みんなに

喜んでいただく会社」が、僕の夢であり目標でした。

あぁ、そうか!そうだった!!それが一番だった!!

お客様みんなに喜んでもらうこと、笑顔になっていただくこと。

それが最も大切なこと。

会社の存続、それも大事。だけど真面目にやっていれば、結果は必ず付いてくる。

初心に帰ることで、逆にまた新たな決意ができたのでした。

                     代表取締役社長  岡本 英之(2012.2月号エコヨムより)